プラチナカードの審査基準

プラチナカード比較RANKING

プラチナカードの審査基準は申込みとインビテーションでそれぞれ異なっています。

プラチナカードTOP > 審査基準

プラチナカードの審査基準

プラチナカードを取得するには、カード会社から送られてくるインビテーション(招待状)を受け取るか、または自ら申込むかの2択にわかれています。

自ら申し込む場合、通常のクレジットカード同様、カード会社がもうけた一定の審査を通過する必要があります。

一方、インビテーションの場合、送付されてきた時点でほぼ100%プラチナカードを取得することができますが、インビテーションを送付してもらうには一定の審査基準を満たしている必要があります。

つまり、どちらの場合でもカード会社の審査を通過する必要があるわけですが、その審査基準は申込みとインビテーションで大きく異なっています。

申込みの審査基準

プラチナカードはゴールドカードよりもさらにワンランク上の上位カードなので、審査基準はより厳しく設定されています。

特に申込みによる取得は一定のカード利用実績を挙げていないぶん、年齢や年収、勤続年数などの条件が高い傾向にあります。

実際の審査基準についてはどのカード会社でもくわしく明示していませんが、統計として見ると、年収では600万円以上、年齢は30歳以上としている場合が多いようです。

ただ、同じプラチナカードでもカード会社によって審査基準が異なるため、年収700万円以上で落とされることもあれば、年収500万円でクリアできたケースも存在します。

インビテーションの審査基準

インビテーションは申込みによる取得方法に比べ、年齢や年収、勤続年数よりもカード利用実績を重視する傾向にあります。

たとえば、プラチナカードよりもワンランク下のゴールドカードで、年間数百万円の利用を行っていた場合、年収や年齢制限に多少引っかかっていてもインビテーションを受ける可能性は高くなります。

もちろん、インビテーションを受ける大前提として、遅延トラブルがないことは必須項目です。

逆に言うと、申込みでプラチナカードの審査を通過できなかった方も、ゴールドカードで実績を挙げれば、同年代・同年収でもプラチナカードを取得できる確率が高くなると言えます。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年間ショッピング200万以上で、次年度年会費が半額!
www.saisoncard.co.jp/lineup/ca142.php

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード

年内ポイント1.5倍、海外ポイント2倍!
www.cr.mufg.jp/amex/

シティプラチナカード

"プラチナ"の名にふさわしい充実したサービスを2011年次より提供
www.citibank.co.jp/ccsi/platinum/index.php

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) プラチナカードランキング※審査・年会費で比較 All Rights Reserved.